スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤姫への道☆その4

もついに41。41といえばAFのお年頃!
憧れの赤AFげっとのためにはまずフェンスデーゲンから!ということで赤AF1のクエを受けにサンドへ行ってきました。
お城のクルリラ様と早速会見♪

お「フェンスデーゲンくださいにゃ!」
クルリラ「私は主に城内の警護を担当している。もし不審者がいたら知らせて欲しい」

自己紹介されちゃった。
なんか話が違うなーと思って調べてみたら赤AF1はクルリラ様じゃないじゃん!
不審者は私でした。


気を取り直して南サンドの酒場へごー。酒場での情報収集って冒険の基本ですよね☆
酒場に入るとお兄さんが話しかけてきました。
「みたところ、アンタも赤魔道士みたいだな」
カウンターのお兄さんから「赤仲間」認定を受けて、クエを受けることができました。依頼は「オーキッシュ・ドライフードを略奪してこい」。
・・・あんまり赤魔道士っぽくない依頼ですね、おにーさん。

20060724233536.jpg


さて、ここからが問題です。自分で取りにいけるけど、赤「姫」なわけですから、自分で取りにいっちゃいけません。やっぱりナイト様にお願いしないと。
そこで白いAFを着たフレを召喚。なんか鎧がモコモコしてる気がするけどキニシナーイ。

ネットの情報を元にダボイをうろうろ。変なプレイヤーに見つめる連打されたりとか、道間違えて死んじゃったりとかしながらようやくNMのpop場所に着きました。

・姫★ダークサイドを垣間見たい人→続きを読むヘ。
・姫☆ライトサイドだけを感じたい人→次の行へ。

雑魚を順番に掃除して、NM戦闘開始。

私かよわくてこんなゴツいのと戦えないし、なんかモコモコナイト一人でも楽勝っぽいから戦闘はおまかせ☆だってこんなゴツイのと戦うなんて、おるとこわぁ~い(>_<)。

・・・な~んて口に出したらランページがこっちに飛んできそうなので、その言葉は心の中に仕舞って大人しく応援してました☆

20060724233559.jpg


倒れたNMの体中をがさこそと探して食糧貯蔵この鍵を入手。このNM、食料統括責任者なんですかね~。次はこの鍵で貯蔵庫から例のブツを頂いてしまえば依頼完了です。
・・・・・なんかシーフっぽくなってきたぞ。

食糧貯蔵庫はダボイ中に散らばってるのでフレと手分けして探索開始。姫は自分でできることはなるべく努力してガンバル(例え結果が伴わなくても)ものです。さすがにここで「探してきて!」は違うひめですしね。
運良くすぐに貯蔵庫を発見するも、まず警備犬(トカゲ)に見つかり、そのまま警備員(オーク)にも見つかる羽目に。集団で追いかけてくる彼らを

「おれが警備員をひきつけてる間に、早く、」→タゲとり

「倉庫、を」→他の敵のタゲ集め

「あけ、るん、だぁぁぁぁ・・・・・(・・・ドドドド・・・)」→逃走しながらフェードアウト

と全員引き連れて入り口へ逃げてったフレよ、キミの勇姿は忘れない・・・っ;;。
辺りに敵がいなくなったのを確認して、ようやくお宝を拝見。貯蔵庫の中にはカビくさそうな光り輝くオーキッシュ・ドライフードが・・・!

予告どおりブツはいただいた~怪盗・尾瑠杜団参上~

と書置きを残して素早くずらかる私達。いやー、無事にお宝が手に入って良かった良かった。


依頼者と例の場所で待ち合わせ、ブツを渡して依頼完了です。それにしてもオークの保存食なんて何に使うのかにゃー。まぁそこは追求するほうがヤボってもんにゃ。
→報酬のフェンスデーゲンげっと。

それにしても幽霊話聞くためにわざわざダボイまでいって盗人行為をするなんて、なんか割りに合わない気がするのにゃ。


続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

■  Calendar  ■

« | 2006-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■  Profile  ■

おると

おると

メイン:サブ=3:7な猫(・ω・)。
セカンドはタルタル使ってる中の人はどんな人?!
→うっかりだけじゃなくてタイミングも悪い人。・゜(ノд`)゜・。

Profile

    FC2Ad

■   Monthly  ■

■  Categories  ■

■ Recent Entries ■

■ Recent Comments ■

■Recent Trackbacks■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。